消費者金融に共通していることとして、貸金業法による貸付を行っている以上は、総量規制による貸付制限を受けていることが挙げられます。年収の1/3を超える貸付は原則として受けられないわけです。しかし、総量規制の範囲内であっても、大手消費者金融では借入が出来ないことが少なくありません。過去の取引履歴や債務整理による個人信用情報機関へ登録されているマイナス情報が原因と考えられます。

大手消費者金融では、審査部門のみ別会社へ外注していることが珍しくありません。上限金利が引き下げられている中で、経費節減を行いながら審査を迅速に行なうために分業化が進んでいるからです。中小消費者金融とは異なり、初めて借入を行なう人が次々と申し込みに来るので、リスクが高い複数の貸金業者から借入がある人は敬遠する傾向があります。

中小消費者金融では、過去の債務整理よりも現在の返済能力を重視して個別に審査を行なう所が多いので、中には債務整理から年数がさほど経過していなくても債務整理の事実を申告することで、審査を行っている貸金業者もあります。

中小消費者金融では、自社の貸付実績に基づいた独自の審査を行なうので、貸付金利は法定金利の上限いっぱいであっても、大手とは異なる中小消費者金融独自の柔軟審査を行なうことで顧客を維持しているわけです。