クレジットカードのキャッシング枠やカードローンを契約する前に注意することがあります。

これらの金融サービスは、無担保型のローンが多く、保証会社が万が一の際に代理弁済を行います。

そのため、契約申込者の与信情報を厳しく審査する場合があり、個人信用情報機関の登録情報を細かく確認します。

先ずは、契約申込時に金融事故が発生していないか必ず確認しており、毎月の返済遅延や代理弁済が既に行われた形跡が無いかをチェックします。

また、契約申込時に直近6ヶ月以内のキャッシングやカードローンの申込状況まで確認しており、審査可否も確認します。

つまり、キャッシング枠やカードローンの契約申込時に注意することは、支払遅延といった情報でなく、複数へ短期間に何度も契約審査依頼をしないこととなります。

さらに、個人信用情報機関には割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関すなわちCICが利用されていることが多く、割賦購入を行っている商品の支払い遅延が無いことも注意が必要です。特に、スマートフォンや携帯電話の端末価格は、割引が適用され毎月の利用料金に組み込まれてしまいます。

しかし、この毎月の利用料金が各種ローン契約や保証会社が利用する情報であることを知る必要があります。

そこで、審査に不安がある場合は、CICやJICCといった個人信用情報機関へ情報開示を行った上で契約申し込みすることをおすすめします。