最近ではひとつのキャッシングブランドにも複数のカードローンを展開するところが増えてきています。金利や限度額などが異なる他、当然審査の難易度にも違いがあります。

複数のカードローンをが用意されているパターンでよくあるのは、年収制限があるものとないものの2種類を用意するというパターンです。一般的なカードローンといえば、職業や年収に関係なく収入があれば誰でも申込可というものが多いですが、プレミアムなどというネーミングをつけて、低金利、高限度額のカードローンを別に用意するところが増えています。

こういったもうひとつのカードローンは利用を正社員に限定したり、年収200万円以上などを条件とするものが多いです。設定されている水準からみるに、フリーターやパートタイマーは利用不可のカードローンと考えてよいでしょう。誰でも申し込みができるカードローンに比べて明らかに金利が優遇されているので、条件を満たせる方であればこちらをまず検討したほうがよいでしょう。